FC2ブログ


国際会計検定 BATIC

2007.09.23(08:24)
国際会計検定 BATICについて

会計の知識がある程度あって、これから米国公認会計士の取得を考えている方の準備段階の資格として、あるいは国内企業で経理実務の経験があり、外資系の企業への転職を考えている方、学生で英語や会計を勉強しており、就職の際に有利になる資格を取得したい方等にオススメの資格です。

問題はマークシート方式による選択問題および記述問題が英語で出題され、結果は合否ではなく、1000点満点のスコア制で行われます。

就職活動中の学生さんでしたら、アカウンタントレベル、
転職活動中の方でしたら、アカウンティングマネージャーレベルが
当面の目標だと思います。

<参考>スコアと称号表(商工会議所HPより)
880点~1000点 コントローラーレベル
(Controller Level)
国際会計理論を理解し、米国基準での決算書(P/L、B/S、C/F)の作成、分析及び国内基準の組替えができる。会計手続き、会計方針、内部統制組織の策定とその推進ができる。

700点~879点 アカウンティングマネージャーレベル
(Accounting Manager Level)
国際会計理論(国際財務報告基準・米国会計基準)の基本的な部分を理解している。月次及び年度の会計決算ができる。適切な決算修正、仕訳、精算表、簡単な決算書の作成ができる。

320点~699点
(Accountant Level)
ブックキーパーに対する簡単な指示、英語による会計帳簿の記帳及び管理ができる。

200点~319点
(Bookkeeper Level)
基本的な会計取引を英語で理解できる。


しかし、アカウンタントレベル、広すぎですよね(笑)
ここにもう一段、ジュニアと、シニアと半々に区切ればいいと思うのですが、年二回の試験で今年の冬で14回目、商工会議所主催の資格としては比較的新しいほうなので、まだこれから改善されるかもしれません。

ちなみに2007年は7月15日と、12月16日に行われ、
12月の試験の申込登録期間は10月2日~11月2日までですので、これから申し込む方はお忘れないように。
受験料は9,870円になっております(2007年9月23日現在)





国際会計検定 BATIC Subject1 公式テキスト
国際会計検定 BATIC Subject1 公式テキスト
東京商工会議所 東商=

関連商品
BATIC Subject2公式テキスト 2007年度版―国際会計理論 (2007)
国際会計検定パーフェクト攻略問題集―Subject〈1〉
880点突破BATICパーフェクト攻略Controller Level
英文会計の基礎知識
国際ビジネスの必須資格BATIC受験パーフェクトガイド
by G-Tools

<<大栄経理学院の簿記講座 | ホームへ | 新版 わかる!管理会計>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://bokiz.blog92.fc2.com/tb.php/43-9ba77645
  • 詳細 米国公認会計士(CPA)試験テキスト〈2【CPAの日】
    米国公認会計士試験の中でも暗記が重要なTAXの意味がよくわかるので非常に身に付くのがはやく感じます。Willeyに取り掛かる前に一読すると非常に効果的に学習することが出来ると思います。・国際会計検定 BATIC・来年の論文に向けて。財務会計論・&quot;accounting&quot;(会
【2007/09/25 20:58】
  • -【】
    管理人の承認後に表示されます
【2007/09/29 06:44】
  • -【】
    管理人の承認後に表示されます
【2007/11/15 16:19】
| ホームへ |